2018年9月22日(土)

街角景気が悪化 北陸3県の8月 猛暑、消費に影響

北陸
2018/9/11 19:51
保存
共有
印刷
その他

 内閣府が発表した8月の景気ウオッチャー調査(街角景気)によると、北陸の現状判断指数は51.3(季節調整値)で前月比0.5ポイント悪化した。猛暑で外出を控える消費者があり、小売企業などに影響が出たが、好不況の分かれ目となる50は2カ月連続で上回った。

 全国の12地域中、低下は2地域。北陸の低下幅が最も大きかったが、50を超えたのは前月に続いて北陸と沖縄のみだった。乗用車販売店からは「暑い日が続き、イベントの来場者が大変少ない」との声があった。金融業は「客の外出控えによって飲食店などから客数減の報告がある」とした。

 2~3カ月先を予測する先行き判断指数(同)は前月比1.3ポイント上昇し、53.7。「国体や障害者スポーツ大会があり例年より売り上げが見込める」(観光型旅館)との期待があるようだ。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報