2018年11月20日(火)

11/20 23:00更新 マーケット 記事ランキング

時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,121,415億円
  • 東証2部 86,646億円
  • ジャスダック 93,642億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率13.59倍13.68倍
株式益回り7.35%7.30%
配当利回り1.81% 1.88%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,583.12 -238.04
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
21,540 -300

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

崔真淑のサイ視点[映像あり]

11月20日(火)14:18

日産役員 官房長官にゴーン氏逮捕の経緯説明[映像あり]

経産相 米中対立「日本企業への影響注視」

11月20日(火)13:00

[PR]

マーケット反射鏡

フォローする

増えるファンドラップ 高コストでも顧客ひき付ける
編集委員 前田昌孝

(1/2ページ)
2018/9/12 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

投資家が金融機関に運用を一任するラップ口座の契約が増えている。日本投資顧問業協会によると、2018年6月末の契約状況は、投資信託で運用するファンドラップを中心に75万8140件、8兆2760億円となった。投資顧問料、運用管理料、信託報酬などがかかり、割高との見方もあるが、顧客は高齢者が中心とみられ、お任せ運用にメリットを感じている様子だ。もっとも米国には6兆ドル前後の残高があり、日本は大きく出遅…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップマーケットトップ

マーケット反射鏡 一覧

フォローする

読まれたコラム