/

ヤマハ発 台湾大手とEVスクーター開発

ヤマハ発動機は11日、台湾の電動スクーター最大手Gogoro(ゴゴロ)と提携に向けて協議に入ったと発表した。台湾向けに電動スクーターを共同開発し、2019年夏に発売する。車両はゴゴロ社の電動プラットフォームを使い、同社が台湾の街中に設置した充電ステーションに対応させる。生産も委託する。年内に提携の契約を済ませる予定だ。

車両のデザインと販売はヤマハ発が手掛ける。台湾域外での販売は想定していない。ヤマハ発が15年に台湾で投入した電動スクーター「イービーノー」の販売は続ける。

ゴゴロは台湾で750カ所を超す充電ステーションを持ち、バッテリー交換で稼ぐ事業モデルを築いた。ヤマハ発の台湾の二輪市場でのシェア順位は2位。ただ、電動車両の販売では8割のシェアを持つゴゴロに引き離されていた。

台湾当局は35年にも二輪の新車を全て電動にする方針を掲げている。現地の二輪最大手キムコも電動車を投入するなど競合も激しく、ヤマハ発は提携に踏み込んだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン