2018年9月26日(水)

9/26 10:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: TATERU、不正を予想したヘッジファンド[有料会員限定]
  2. 2位: 米国株、ダウ続落で69ドル安 FOMC結果控え利益確定、貿易摩擦も重荷
  3. 3位: フジクラ、品質不正発覚でも残る成長期待[有料会員限定]
  4. 4位: 視野に入る年初来高値 円安進む経験則も[有料会員限定]
  5. 5位: 楽観いぶかる国内勢 買い遅れ、いつか来た道?[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,878.02 -62.24
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,890 +150

[PR]

主要金融ニュース

フォローする

退職後までにためたい金額は 平均2880万円 日生調査

金融機関
2018/9/11 18:30
保存
共有
印刷
その他

 日本生命保険は11日、退職後のセカンドライフに関する意識調査を公表した。退職時までにためておきたい金額は平均2880万円。40~50歳代の80%以上、60~70歳代の60%以上が現時点で目標額に達していなかった。65歳以上も働き続けたい比率は全体の半数近くにのぼった。

 退職時に用意したい金額は「1000万~3000万円」が全体の36%を占め、最も高かった。50歳以上では3000万円以上との回答が増えた。お金のため方は預貯金が41%と最も高く、貯蓄型保険・年金が28%で続いた。少額投資非課税制度(NISA)は8%、個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」は3%だった。

 また定年は60歳との回答が64%で最も多かった。一方で65歳以上も働き続けたい人の割合は全体の46%。9%が75歳以上も働きたいと答えた。

 調査は8月1日から12日まで、インターネットで実施。男女計7473人が回答した。日生がセカンドライフに関する調査をするのは初めて。

主要金融ニュースをMyニュースでまとめ読み
フォローする

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム