2018年9月19日(水)

9/19 0:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 東証大引け 3日続伸 米、対中制裁表明で買い戻し加速
  2. 2位: IFRSが招く錯覚 動く株価、透ける短期志向[有料会員限定]
  3. 3位: 貿易戦争懸念再び ドルと円の拮抗続くか[有料会員限定]
  4. 4位: 株、買い戻し呼んだ対中制裁第3弾 危うさ潜む独歩高[有料会員限定]
  5. 5位: セブン&アイ、本気で取り組むアプリの実力[有料会員限定]

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,420.54 +325.87
日経平均先物(円)
大取,18/12月 ※
23,280 +310

[PR]

業績ニュース

シーズHD、営業利益2%増 18年7月期 主力化粧品伸びる

2018/9/11 20:30
保存
共有
印刷
その他

 化粧品ブランド「ドクターシーラボ」を展開するシーズ・ホールディングスが11日発表した2018年7月期の連結決算は、営業利益が前の期比2%増の87億円だった。「ドクターシーラボ」のほか、毛穴ケア商品が訪日客向けに好調だった。純利益は前の期に計上した事業譲渡益がなく、5%減の57億円だった。

 売上高は19%増の509億円だった。中国や韓国など海外で同社の主力化粧品を販売する米ジョンソン・エンド・ジョンソンが積極的に販促活動を手掛けた。海外での商品の知名度が向上し、インバウンド需要が拡大した。海外事業では、販売額に対して受け取るロイヤルティー収入も増えた。

 特に訪日客向けに好調だったのが毛穴ケア商品だ。需要急増で容器の供給が追いつかず、春頃まで販売を制限していた。容器の供給体制が整い、5~7月期の出荷は前年同期比で6割増えた。販促費は増えたが、売り上げの伸びで吸収した。

 19年7月期は売上高が前期比16%増の590億円、純利益は14%増の65億円と8期ぶりの最高益更新を見込む。引き続きインバウンド需要が収益をけん引する。株主還元を強化し、年間配当は前期より3円増やし60円を計画する。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

新着記事一覧

読まれたコラム