2019年9月20日(金)

2008年9月24日 ブッシュ米大統領が緊急演説
リーマン・ショックダイアリー(20) This Day In 2008

2018/9/24 6:00
保存
共有
印刷
その他

ブッシュ(子)大統領(当時)は2008年9月24日、調整が難航する金融安定化法案の成立に向けて、超党派の協力を呼びかける緊急演説を行った。

2008年9月25日付夕刊

2008年9月25日付夕刊

ブッシュ氏は「米国は金融危機のさなかにある。長く、痛みを伴う景気後退になりかねない」と訴え、次期大統領候補だった民主党のオバマ氏と共和党のマケイン氏をまじえた政府・議会の合同会議を25日にホワイトハウスで開くと表明した。7000億ドルという未曽有の公的資金活用に、議会の反発は強かった。世論には金融機関の経営陣の巨額報酬への批判が渦巻いていた。

米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長(当時)はこの日の議会証言で、「金融は異常な緊張状態にある」として、貸し渋りの影響で米経済が08年後半に大幅減速する見通しを示した。

危機は、着実にウォールストリートからメインストリート(実体経済)に広がりつつあった。

民主党大統領選候補のオバマ氏=ロイター

民主党大統領選候補のオバマ氏=ロイター

オバマ上院議員=当時「国民の税金を無責任なウォール街の経営者に渡すわけにはいかない」(2008年9月24日)

記者会見する麻生首相(2008年9月24日、首相官邸)

記者会見する麻生首相(2008年9月24日、首相官邸)

麻生太郎首相=同「前提条件が大幅に狂ってきていることを無視できない」(24日の首相就任記者会見で11年度の基礎的財政収支黒字化目標の見直しを示唆)

 シリーズ「リーマン・ショックダイアリー This Day In 2008」では、10年前の出来事と当時の日本経済新聞の報道、要人発言を基に、危機の進行を「リアルタイム」で再現する。
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。