2018年11月17日(土)

米同時テロから17年 世界貿易センター跡地で追悼式

北米
2018/9/11 16:58
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=高橋里奈】2001年9月の米同時テロで倒壊した世界貿易センター(WTC)ビル跡地で11日午前(日本時間11日夜)、犠牲者をしのぶ追悼式が開かれた。17年前、2棟の超高層ビルからなるWTCにハイジャックされた2機の旅客機が突っ込み、約3千人が犠牲となった。1機目が突入した時刻の午前8時46分に黙とうが始まり、遺族や消防士、警官らが犠牲者の冥福を祈った。

世界貿易センタービル跡地で開かれた追悼式で献花する女性(11日)=AP

ニューヨーク市内の教会なども鐘を鳴らし、弔意を表した。式典では遺族らが同時テロと1993年のWTCビル爆破テロ事件の犠牲者2983人の名前を読み上げ、一人ひとりを悼んだ。01年のテロでは日本人24人が犠牲になった。

トランプ米大統領はワシントン中枢部を標的にしていたとされる4機目が墜落した東部ペンシルベニア州シャンクスビルの追悼式に出席。機内でテロリストと戦った乗客ら40人の犠牲者をたたえ、「米国は残虐行為に屈しない」と演説した。

8日にはニューヨークで倒壊したビルの下敷きとなって閉鎖されていた最寄り駅も17年ぶりに「WTCコートランド駅」として再開。跡地周辺は再開発も進み、往時の活気を取り戻しつつある。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報