2018年9月25日(火)

レノボ・ジャパン、VRなど映像編集向けPC

ネット・IT
エレクトロニクス
2018/9/11 15:27
保存
共有
印刷
その他

 レノボ・ジャパンは11日、ノート型パソコン「シンクパッドX1エクストリーム」を発売したと発表した。高性能な米インテルのCPU(中央演算処理装置)と米エヌビディアのGPU(画像処理半導体)を搭載し、仮想現実(VR)などの映像編集に向く仕様にした。一方、薄型軽量にし持ち運びしやすくした。

「シンクパッドX1エクストリーム」

 快適にCG(コンピューターグラフィックス)を作成できる性能を持つことに加え、画面サイズ15.6型、重量1.7キログラム、薄さ18ミリメートルとすることで、オフィスの外でも持ち出して作業しやすくした。価格は税別で27万8000円から。

 映像クリエーターはソフトウエアを使った編集業務に携わることが多い。処理性能の高いCPUやGPUを搭載するデスクトップ型のパソコンを使うことも多く、外部に持ち出すことが難しいといった課題があった。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報