/

この記事は会員限定です

バーバリーは廃棄ゼロ宣言 売れ残り衣料はどこに行く

[有料会員限定]

売れ残った商品の処分がアパレル業界のリスクとして浮上している。英バーバリーは自社製品の焼却処分が批判され、廃棄をやめる方針を表明した。ブランド価値低下を防ぐため続いてきた方法だが、環境負荷や社会的責任への監視の目が強まるなか、放置すれば投資家や消費者の信頼を失いかねない。廃棄を前提とした大量生産モデルから抜け出せるかが問われている。

「現代の高級品は社会にも環境にも責任を負っている」。6日、バーバ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2286文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン