/

関空の鉄道再開、9月中にも 国交省が見通し

タンカーが衝突し損傷、大きくずれた関西国際空港の連絡橋(7日)=共同

国土交通省は11日、タンカーが衝突した関西国際空港と対岸を結ぶ連絡橋について、損傷した橋桁部分の撤去を12日から始め、14日に完了を目指すと発表した。予定通りに撤去が進めば鉄道部分の修復に着手できる。当初10月初旬を予定していた鉄道の回復時期が早まり、月内にも再開できる見通しだという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

2018年9月4日、25年ぶりに非常に強い勢力で上陸した台風21号。関西で死者14人の人的被害をもたらしただけでなく、暴風で流されたタンカーが関西国際空港の連絡橋に衝突し、人と物の流れがストップするなど、経済にも大きな爪痕を残した。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン