2018年11月19日(月)

停電で特急立ち往生 JR日豊線、架線切れる

九州・沖縄
2018/9/10 20:58 (2018/9/10 23:38更新)
保存
共有
印刷
その他

10日午前7時20分ごろ、JR日豊線中津―宇佐間で停電が発生し、豊前長洲駅(大分県宇佐市)近くで、乗客約200人が乗った大分発博多行き特急「ソニック6号」(7両編成)が立ち往生した。このトラブルで杵築―中津間が上下線で運転を見合わせ、約10時間半後の同日午後5時50分ごろ、運行を再開した。

JR九州によると、特急が通過した踏切の近くで架線が切れていた。架線から電気を取り込む特急のパンタグラフも、3つ全てが折れ曲がるなど破損していた。

同社の調査で、西屋敷―立石間の上り線架線にワイヤが絡まっているのが見つかった。このワイヤでパンタグラフなどが損傷し、停電につながったとみて状況を詳しく調べる。

トラブルで特急など計81本が運休するなどし、約1万6200人に影響が出た。〔共同〕

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報