2018年11月14日(水)

組み電線製造設備の新会社 鈴木、住友電装と

自動車・機械
北関東・信越
2018/9/10 22:22
保存
共有
印刷
その他

電子部品製造の鈴木は10日、住友電装と共同出資会社を設立すると発表した。自動車用ワイヤーハーネス(組み電線)の製造設備を生産する。鈴木はワイヤハーネス製造設備を生産して住友電装に納入しており、新たに専門子会社を設けて需要増に対応する。

10月1日付で新会社「S&Sアドバンストテクノロジーズ」を設立する。資本金は8000万円で、51%を鈴木が、49%を住友電装が出資する。鈴木は現在ワイヤハーネス製造用の自動機器を住友電装向けに生産している。新会社設立後は、ほぼ全て移管する。長野県須坂市の鈴木本社の設備を使用して製造する。

車の電装化でワイヤハーネスの需要は増加傾向だ。住友電装も今後増産が見込まれるため、ワイヤハーネス製造設備の製造部門を切り離して供給能力を高める。

鈴木と住友電装の共同出資会社は、ワイヤハーネス用プレス部品を販売する「S&Sコンポーネンツ」に続き2社目。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報