2018年9月25日(火)

秋田県産品、パリで試食・商談会 県と北都銀が協力

サービス・食品
北海道・東北
2018/9/10 23:00
保存
共有
印刷
その他

 秋田県は16、17両日、フランスのパリで県産品の試飲・試食会と商談会を開く。2017年に続く2回目で、日本酒を中心とした前回よりも食材を充実させ、現地のレストラン関係者らにPR。北都銀行と協力し、「AKITA」ブランドの定着や輸出拡大をめざす。

 初日はシャンゼリゼ大通りにあるルドワイヤン宮殿内のすし店「ラビス」でランチ会、「ル・ブリストルホテル」でディナー会を開く。17日に同ホテルで開く商談会には、レストランシェフやソムリエ、オーナーら200~300人を招く。

 参加する県内企業は19社。このうち「高清水」の秋田酒類製造(秋田市)、「雪の茅舎」の斎彌酒造店(秋田県由利本荘市)など10社が日本酒を出す。きりたんぽ、いぶりがっこ、稲庭うどんといった食品も出品する。

 北都銀は17年、仏料理の巨匠、故ジョエル・ロブション氏を父に持つ安部ロブション龍依氏が経営するJAPAN EXQUISE(東京・港)と連携協定を結んだ。同行の笹渕一史取締役専務執行役員は「県産品の輸出拡大・ブランド化を継続的に支援していく」と話している。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報