/

トヨタ、レクサスボート「LY650」、19年後半に披露

レクサスのボート「LY650」(写真はイメージ)

トヨタ自動車は高級車ブランド「レクサス」で初となるボートの商品概要を発表した。商品名は「LY650」となる見通しで、2019年後半に世界初披露する予定。トヨタのボート開発の技術とレクサスのデザイン力を融合させて開発、富裕層などにブランドの魅力を伝える。

LY650は曲線的なデザインや高級感のある内装が特徴だ。全長が約20メートル、全幅は約5.7メートルとなる見通し。客室数は3部屋で最大で15人が乗れるという。19年後半の米国を皮切りに、20年春には日本でも販売を始める予定だ。価格は未定だが、数億円になるとみられ、富裕層を対象にした価格設定になりそうだ。

トヨタは17年1月にLY650のコンセプトヨットを発表。18年3月には発売時期を明らかにしていた。トヨタは1997年からボートを開発・生産し、国内で900隻近くを販売してきた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン