2018年9月26日(水)

南関東の街角景気、6カ月連続50割れ 猛暑など影響

東京
2018/9/10 22:00
保存
共有
印刷
その他

 内閣府が10日発表した8月の景気ウオッチャー調査(街角景気)で、南関東(東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県)の現状判断指数(DI、季節調整値)は48.1と前月に比べて0.1ポイント低下した。好不景気の心理的な分かれ目とされる50を6カ月連続で下回った。

 8月は猛暑の影響が出た。「外出を控えているためか、来場者数が減少傾向」(ボウリング場)という業種も目立ったほか、「エアコンや冷蔵庫は順調だが、テレビなどほかの主要商材が前年割れ」(家電量販店)という声があった。

 2~3カ月先を見据えた先行き判断DIは1.5ポイント上昇の51.7となった。「高温の影響で青果物が高値。消費が冷え込む懸念材料だ」(スーパー)という慎重な見方がある一方で、「秋物需要と来年の消費増税に対する客のまとめ買いを予想している」(衣料品専門店)という期待もあった。

 調査は8月下旬、各業界の現場担当者ら330人に聞き取った。有効回答数は311人。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報