2018年9月21日(金)

小豆島フェリー 電子決済を導入 両備グループ

サービス・食品
中国・四国
2018/9/10 19:39
保存
共有
印刷
その他

 両備グループ(岡山市)は10月1日に岡山、香川県と小豆島を結ぶフェリー3航路でキャッシュレス決済サービスを導入する。港の窓口で乗船券を購入する際、クレジットカードや交通系ICカード、電子マネー、デビットカード全23種類での支払いに対応。インバウンド(訪日外国人)を中心に、旅行者の利便性を高める狙いだ。

 対象になるのは両備フェリーの新岡山港(岡山市)―土庄港、瀬戸内観光汽船の日生港(岡山県備前市)―大部港、国際フェリーの高松港(高松市)―池田港を結ぶ3航路。主に関西私鉄が導入している「PiTaPa(ピタパ)」には対応しない。支払いは一括のみで、窓口で電子マネーのチャージはできない。

 同グループでは既に岡山桃太郎空港とJR岡山駅を結ぶリムジンバス、同駅と新岡山港を結ぶ路線バスが交通系ICカードでの決済に対応。飛行機や新幹線を降りてから小豆島まで、キャッシュレスで行けるようになるとしている。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報