/

この記事は会員限定です

世界の衣料品生産 中国から東南アジアへシフト

[有料会員限定]

世界の衣料品生産で中国から東南アジアへのシフトが加速している。ファーストリテイリングなどアパレル大手は東南アジアでの一貫生産体制の構築に着手する。2010年代初めに衣料品の世界輸出の4割を占めていた中国は、人件費の高騰などで3割まで縮小している。一国に依存しない生産体制を整え、価格競争力を維持する。

「ユニクロ」を運営するファストリは11月にもインドネシアで東レなどと共同出資した新工場を立ち上げる。衣料品を生産するための素...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1010文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン