2018年11月14日(水)

景気回復、7~9月鈍化の見方 災害など影響懸念

経済
2018/9/10 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本の景気回復は夏場に鈍ったとの見方が強まっている。民間エコノミスト16人に聞いたところ、7~9月期の実質成長率は年率換算の平均で0.5%と、4~6月期の3.0%から大きく鈍るとの予測だった。豪雨や震災などの災害で消費や企業活動が停滞したとの見方で一致する。鈍化は一時的との見方が多いが、貿易摩擦が先行きを曇らせる恐れがある。

内閣府が10日に発表した4~6月期の実質国内総生産(GDP)改定値は前…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報