/

この記事は会員限定です

自民党総裁選はなぜ盛り上がらないのか

編集委員 清水真人

[有料会員限定]

自民党総裁選はなぜ、盛り上がらないのか。こう問う声が少なくない。同党が政権を独占し、派閥が激しく抗争する総裁選が「次の首相を決める選挙」だった1955年体制の残像は根強い。だが、衆院選を小選挙区中心に変え、与野党間の政権交代に道を開くと同時に「首相1強」も生み、派閥を弱体化させたのが平成デモクラシーだ。このゲームでの権力統制の手立ては、与党内の首相たらい回しより野党再生であり、国会改革だ。

派閥の論理より「雪崩現象」

「安倍(晋三)総裁はこれで行く...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3134文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン