2018年9月22日(土)

太陽光発電、なぜ入札に? 国民負担の軽減狙う

経済
2018/9/11 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 経済産業省は太陽光発電でつくった電力の買い取りで、安い電力だけを買う「入札」の対象を広げる方針だ(「太陽光発電、買い取り価格半減へ 経産省方針」参照)。固定価格買い取り制度(FIT)で高い電気を買い取ってきた結果、国民の負担が膨らみ、コスト削減を急ぐ必要が出てきた。

  FITとは何か。

  政府が2012年に導入した制度だ。太陽光や風力といった再生可能エネルギーは火力や水力に比べ発電コストが高…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報