2018年9月20日(木)

街角景気2カ月ぶり上昇 8月、猛暑のプラス効果

経済
2018/9/10 17:30
保存
共有
印刷
その他

 内閣府が10日発表した8月の景気ウオッチャー調査(街角景気)によると、現状の景況感を示す指数(季節調整値)は前月比2.1ポイント上昇し48.7だった。上昇は2カ月ぶり。内閣府は基調判断を「緩やかな回復基調が続いている」と5カ月ぶりに上方修正した。

 内訳をみると家計動向を示す指数が2.6ポイント上昇の47.4と特に改善した。飲食やサービス関連で「暑い日が続いたせいかドリンクやデザートがよく動いた」(近畿の一般レストラン)、「猛暑でタクシー利用が増えた」(中国のタクシー運転手)との声が出た。

 7月は暑さを嫌って外出を控える人が増えるなど猛暑のマイナス効果が出たが「8月はプラス効果が前面に出た」(内閣府)という。

 今回の調査期間は8月25~31日。関西圏を中心に経済活動をまひさせた台風21号や、北海道で震度7を観測した地震は反映されていない。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報