2018年11月20日(火)

近大マグロ250匹死ぬ 台風21号、被害1億円

台風21号
2018/9/10 16:44
保存
共有
印刷
その他

近畿大は10日、台風21号の影響で和歌山県串本町の施設が被災し、養殖していた「近大マグロ」約250匹が死に、約350匹がいけすから流失したと発表した。被害総額は約1億円という。

台風が接近した4日、沖合にある直径約30メートルのいけすが波でゆがんだことが原因で、窒息したり、傷ついたりしたとみられる。元の位置に固定するロープも切れ、いけす自体も約100メートル流された。重さ約30キロの出荷サイズに成長したクロマグロ約600匹を養殖していた。

近大は、2002年に世界で初めてクロマグロの完全養殖に成功、04年に出荷を始めた。

他の施設でも養殖しており、近大マグロを提供する専門飲食店の運営に影響はないとしている。〔共同〕

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報