/

この記事は会員限定です

専門人材を厚遇、成長力に 中堅の労働分配率上位

NEXT1000

[有料会員限定]

日本経済のけん引役として期待される中堅上場企業「NEXT1000」を対象に、3年平均の労働分配率をランキングしたところ、ソフト開発会社や精密部品メーカーなどが上位に並んだ。いずれも独自の技術やサービスを強みとする企業で、専門知識を持つ人材を多く抱えていることが特徴。優秀な人材を採用し、中長期的な成長につなげている。

1位 ディジタルメディアプロフェッショナル AI技術者、海外からも

ディジタルメディアプロフェッショナルは、法政大学発の半導体ベンチャーとして...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2826文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン