2018年11月14日(水)

トリシェ氏「金融政策の余地乏しく」
欧州中央銀行(ECB)前総裁に聞く

リーマン10年
2018/9/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

――危機から10年、世界経済をどうみますか。

「かなりの長期間、世界的な景気拡大が続いている。どこかの時点で景気後退への対処が必要になるだろう」

「問題は、公的債務が拡大して財政出動の余地が乏しいなかで、何ができるかだ。金融政策でも、十分な利下げ余地が次の危機までに生まれるとは思えない。中央銀行の資産規模は膨らみ、量的緩和などの非伝統的な政策にも動きにくい」

「さらに、我々はリーマン危機当時より…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報