2019年9月22日(日)

オン・ザ・グリーン

フォローする

出水田と星野陸、男子ゴルフの大型スター候補
編集委員 吉良幸雄

(1/2ページ)
2018/9/13 6:30
保存
共有
印刷
その他

世界のゴルフ界は大型化の一途をたどり、米ツアーではダスティン・ジョンソンやブルックス・ケプカ(ともに米国)ら、ロッキー山脈のような大男たちが世界ランキングトップ3に名を連ねる。米ツアーで通算3勝した丸山茂樹は、以前から「身長180センチ以上」を米ツアーでの活躍の条件として挙げていた。米ツアーで5勝、プレーオフシリーズ第2戦、デル・テクノロジーズ選手権で4位に入った松山英樹は181センチとハードルをクリアしている。40年以上前から日本ツアーをけん引、海外でも活躍した「AON」(青木功、尾崎将司、中嶋常幸)もいずれも180センチ以上だ。

近年は"ダウンサイジング"が目立っていたが、3週前のRIZAP・KBCオーガスタ(福岡・芥屋GC)で183センチの出水田(いずみだ)大二郎(25)、先々週のフジサンケイクラシック(山梨・富士桜CC)は186センチの星野陸也(22)と、いずれも賞金シード1年生が2週連続で初優勝。待望久しいビッグな若手がスター候補として誕生し、脚光を浴びている。

KBCオーガスタでツアー初優勝を果たし喜ぶ出水田=共同

KBCオーガスタでツアー初優勝を果たし喜ぶ出水田=共同

プロ8年目の出水田は2017年、前年の下部ツアー賞金ランク7位の資格でツアー参戦した。昨季の日本プロ選手権の10位が最高ながら、賞金ランク66位で初シードを獲得。2日目に首位に立ったKBCオーガスタでは、初の最終日最終組でも3打伸ばし、2位の崔虎星(韓国)を1打差で振り切った。

知名度は低いが、九州では名の知られた存在だ。鹿児島県鹿屋市出身で、横峯さくらの父・良郎氏が主宰する「めだかクラブ」でゴルフを始め、鹿児島・樟南高1年の08年から10年まで九州ジュニアを3連覇。11年にプロ転向、12年に下部ツアーでデビューすると2戦目の「きみさらずGL・GMAチャレンジ」(千葉)でプロ初優勝を飾っている。体格に恵まれ、下部ツアーとはいえ19歳での優勝は才能のある証左。ただ、コーチの指導を受けるため、宮崎で一人暮らしを始めたら「(生活が)だらけて」伸び悩んだ。「このままじゃ、イカンぞ」。両親に諭され、4年前に鹿屋市の実家に戻ったという。

今季はKBCオーガスタ前までは11戦して34位がベスト。日本ツアー選手権森ビル杯からセガサミー杯まで3試合連続予選落ちし、7月下旬のISPSハンダ・マッチプレー選手権では1回戦で敗れていた。「シードも危ない状況」だったのに、優勝によって来季から2年間のシード獲得と、見事な反転攻勢だ。ツアーの「夏休み」の間に、地元で練習してカメラの動画でスイングチェック。宮崎のインドア練習場で先輩プロからアドバイスももらい、ダウンスイングでクラブが鋭角に入りすぎていたのを入射角を浅くするよう意識してショットが安定、飛距離も伸びたという。

秋吉の活躍、大きな刺激に

ゴルフ部の寮で同部屋だった樟南高の2年先輩、秋吉翔太が今季2勝とブレークしたのも大いに刺激になったという。マイナス思考でちょっと気が弱く、気合が空回りしがちだったが、多くの選手が手を焼いた芝目の強い芥屋の高麗グリーンで、パットがさえわたった。面倒見がよく、昨夏から一緒に練習ラウンドを行っている元賞金王の小田孔明は「翔太はもう(ゴルフが)完成している。大二郎は飛ぶけれど粗かった。でも初優勝で自信になったのではないか。2人ともクラブを振れるし、若いからイケイケ」と九州の後輩の活躍に目を細める。出水田の目標は2年後の東京五輪出場。「1勝目は勢いといわれる。2勝目を目指し、目の前の一試合一試合を頑張っていきたい」

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

オン・ザ・グリーン 一覧

フォローする
KBCオーガスタの第1日、ティーショットを打つ石川。最大の課題だったドライバーショットの不安はほぼ解消したようだ=共同共同

 今は7、8合目あたりだろうか。富士山麓の難コース、山梨県富士桜CC(7566ヤード、パー71)で開催された男子ゴルフのフジサンケイクラシック(9月5~8日)で、石川遼(27)は最終日に7アンダー、6 …続き (9/11)

全英女王となって帰国した渋野は常に注目を浴びていた=共同共同

 米男子ツアーのプレーオフ初戦で、「科学者」の異名を取るブライソン・デシャンボー(米国)がグリーン上のライン読みで2分20秒をかけるなど、さすがに目に余るスロープレーを選手仲間、ファン(視聴者)から批 …続き (8/28)

笑顔がトレードマークの渋野はラウンド中も笑顔を絶やさない=共同共同

 「スマイリング・シンデレラ」。AIG全英女子オープンで海外記者に名づけられたニックネームは、実に言い得て妙だ。ツアー初優勝した5月のワールド・サロンパス杯の記者会見で連日、報道陣を和ませた渋野日向子 …続き (8/14)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。