2018年9月21日(金)

首相、日朝首脳会談に重ねて意欲 韓国特使と会談

北朝鮮
政治
朝鮮半島
2018/9/10 11:00 (2018/9/10 17:31更新)
保存
共有
印刷
その他

 安倍晋三首相は10日、首相官邸で韓国の徐薫(ソ・フン)国家情報院長と会談した。南北、米朝と並行して、日朝間の対話と関係改善を進めるのが望ましいとの認識で一致した。徐氏によると、首相は「金正恩(キム・ジョンウン)委員長と直接会談する時がきた」と述べ、日朝首脳会談の実現に意欲を示した。

 徐氏は韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使として金正恩氏と5日に会談した内容を説明した。首相は「南北間の取り組みが米朝の(非核化)合意の履行に向けた具体的な行動につながることを期待する」と語った。両氏は北朝鮮による日本人拉致問題の解決に向けて日韓で緊密に連携していくと確認した。

 会談後、徐氏は金正恩氏が日本にどう言及したかに関して「控える。全般的に日朝関係について話があった」と述べた。「日朝関係は改善されなければならないという立場だ。その観点から寄与できることはいつでもやる」と話した。

 徐氏は韓国大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長と訪朝し、金正恩氏と会談した。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報