2018年9月24日(月)

首相がロシアへ出発 領土問題など協議

政治
ヨーロッパ
2018/9/10 9:30 (2018/9/10 13:17更新)
保存
共有
印刷
その他

 安倍晋三首相は10日、ロシア訪問のため政府専用機で羽田空港を出発した。ロシア主催の国際会議「東方経済フォーラム」に出席し、プーチン大統領と会談する。北方領土で日ロ両国による共同経済活動を推進し、領土問題の進展に向け協議する。北朝鮮の非核化についても議論する。

 フォーラムには中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が初めて出席する。首相は習氏とも会談を調整しており、10月にも検討する訪中に向け意見交換する。韓国の李洛淵(イ・ナギョン)首相やモンゴルのバトトルガ大統領とも面会する見通しだ。

 フォーラムはロシア極東地域でのビジネスについて官民で議論するため、ロシアが15年に初開催し、今年で4回目。安倍首相は16、17年と出席しており、今回が3回連続となる。北海道で震度7を観測した地震の対応や、20日投開票の自民党総裁選に向けた活動の合間を縫った訪問になる。

 ロシアはフォーラムの期間中に中国と大規模な合同軍事演習を計画するなど中国と接近する一方、日本とは安全保障上の政策の食い違いが目立っている。日ロ間の協議では経済での連携を確認しつつ、安保を巡り厳しいやり取りも予想される。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報