/

楢崎明はリード4位 世界クライミング

男子リード決勝で4位に入った楢崎明智(9日、インスブルック)=共同

【インスブルック=共同】スポーツクライミングの世界選手権第4日は9日、インスブルックで男子リードの決勝が行われ、日本勢は19歳の楢崎明智(TEAM au)が4位に入った。23歳の高田知尭(鳥取県協会)は6位、19歳の原田海(神奈川大)は10位。

決勝は10人で争われ、ヤコブ・シューベルト(オーストリア)が優勝した。

楢崎明の兄で前回2016年大会ボルダリング王者の楢崎智亜(TEAM au)と、田中修太(新潟・直江津中教校)は準決勝で敗退した。

10日は休養日で、11日の女子ボルダリング予選で競技が再開する。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン