2018年9月21日(金)

その他スポーツ

大坂「コートでは私は別人」 記者会見の一問一答
全米テニス女子単初優勝

2018/9/9 16:11
保存
共有
印刷
その他

 【ニューヨーク=原真子】8日に行われたテニスの全米オープン女子シングル決勝で大坂なおみ(日清食品)は、セリーナ・ウィリアムズ(米国)に勝ち、初制覇を果たした。四大大会シングルスでは男女を通じて日本勢初。試合後に行われた大坂の記者会見の主な一問一答は以下の通り。

 ――優勝は夢のようか。

 「今は全米女王とは全く感じていない。ものすごくたくさんの記者がいることを除けば、いつもの試合が終わった感じ。でも、試合が終わって握手をするためにネットの近くまでいったら、セリーナがいたからすごいことだと思った」

優勝した大坂の記者会見に大勢の報道陣が詰めかけた=共同

優勝した大坂の記者会見に大勢の報道陣が詰めかけた=共同

 ――セリーナが主審ともめて、会場が騒然としたけれど、この状況は大変だったか。

 「背中を向けてたからよくわからなかった。何が起きていたかは全く知らない。観客が騒がしくて何を言っているのかも聞こえなかった。セリーナは偉大な選手だから、いつ逆転されるかわからない。とにかく試合に集中していた」

 「たぶん初めての四大大会だから、観客を完全にシャットアウトできたんだと思う。緊張やほかのことに自分が負けてはいけないと思っていた。テニスをするためにここにいるのだから、テニスに集中すべきだと考えた」

 ――セリーナに憧れていた。決勝での態度を見てもそれは変わらないか。

 「コートで何が起きたかは知らないといったでしょう。私の好きなセリーナは変わらない。試合後、ネットのところで抱きしめてくれたし、表彰台ではとても優しく接してくれた」

大坂(左)は「セリーナは表彰台でとても優しく接してくれた」と振り返る=USA TODAY

大坂(左)は「セリーナは表彰台でとても優しく接してくれた」と振り返る=USA TODAY

 ――なぜ試合後のインタビューで観客に謝ったのか。

 「セリーナが24回目の四大大会優勝をしたかったのは知っていた。観客もみんな知っていたと思う。街中のあちこちで宣伝があったから。でも、コートに立ったら、私は別人。セリーナのファンでなくなって、テニス選手になる。(ここから涙目になり)でも、試合後に抱きしめてくれたとき、子供時代に戻った気分だった」

 「小学校3年生のとき、セリーナに関するリポートをつくって、彼女のようになりたいと思っていた。今もリポートはとっておいてある」

 ――セリーナに対して力で押し切れたと思うか。

 「彼女と試合をするときは、強靱(きょうじん)な意志を持たないといけない。いつ挽回してくるかわからないし、チャンスがあれば決めにいかなければいけない。第2セットで最初にサービスゲームをブレークされたとき、観客のセリーナへの声援がものすごく大きくなった。セリーナの元気が出てしまうし、とても危険な状況だと思った。すぐにブレークバックしなければと思った(そしてすぐにブレークバック)。全体的にきょうはサーブがよかった。セリーナはリターンの名手だけれど、私のサーブがいいところに入った」

女子シングルスを初制覇し、記者会見で笑顔を見せる大坂=共同

女子シングルスを初制覇し、記者会見で笑顔を見せる大坂=共同

 ――全米オープンを制した経験をひと言で総括すると。

 「心構えの違い。今大会前にはいろいろあったけれど、全米ではプレーを楽しめるようになった。これはいつもしようとしていること」

 ――サーシャ・バインコーチとの関係について。

 「初めて練習して5分もたたないうちに、彼が足首をひねったから、彼をコーチに選んだ。この人はいいかもしれないとピンときた。これは冗談として、サーシャはとてもいい人で、前向きで楽しい。私は落ち込みやすいから、彼みたいな人はとても重要だった」

 ――優勝賞金(380万ドル=約4億2000万円)は高額。今晩はどうやって祝いたいか。

 「あまりお金を使うタイプじゃない。家族がハッピーなら、私もハッピー。来週、東京で姉に会うので、それが一番大きなプレゼントだと思う。私は社交的ではないから、今晩の予定は眠るだけ。ビデオゲームでもしているかもしれない」

 ――験を担ぐタイプで、全米期間中は毎朝、サーモンベーグルを食べていたけれど、今後はどうするか。

 「今朝もサーモンベーグルだったけれど、もし好きなものを何でも食べていいなら、トンカツ、カツ丼、カツカレー、抹茶アイスクリームが食べたい」

 ――次の目標は。

 「東レ・パンパシフィック・オープン(17日開幕、東京都立川市)で優勝すること。一歩ずつしか前に進めないでしょう。あまり遠い先の目標は見ていない」

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

表彰式後に、メダルを手に記念写真に納まる男子60キロ級で優勝した高藤直寿(左)と同級で銅メダルの永山竜樹(20日、バクー)=共同

【バクー=西堀卓司】柔道の世界選手権第1日は20日、バクーで男女各1階級が行われ、男子60キロ級決勝で高藤直寿(パーク24)はロベルト・ムシビドバゼ(ロシア)に優勢勝ちし、2年連続3度目の金メダルを獲 …続き (1:34)

 【ジュネーブ=共同】世界反ドーピング機関(WADA)は20日、セーシェルで理事会を開き、国ぐるみのドーピング問題で、資格停止処分を受けていたロシア反ドーピング機関(RUSADA)が資格回復の条件を満 …続き (20日 23:52)

 女子テニスの東レ・パンパシフィック・オープン第4日は20日、東京・アリーナ立川立飛で行われ、ダブルス準々決勝で加藤未唯(ザイマックス)二宮真琴(橋本総業)組はリュドミラ・キチェノク(ウクライナ)、カ …続き (20日 22:09)

ハイライト・スポーツ

[PR]