2019年2月23日(土)

その他スポーツ

「勝ってごめんなさい」大坂冷静さ貫く 悲願の全米初制覇

2018/9/9 8:40
保存
共有
印刷
その他

テニスの全米オープン女子シングルス決勝で大坂なおみ選手(20)が元世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズ選手(36)を破って優勝した。憧れの相手との対決となった大坂選手は終始落ち着きを保ち、男女を通じて日本勢初の快挙をつかみ取った。

全米オープンテニスの女子シングルスで初制覇を果たし、トロフィーを掲げる大坂なおみ選手(8日、ニューヨーク)=共同

第1セットを先取したものの、第2セット序盤はウィリアムズ選手のパワーに押され、一進一退の展開に。大坂選手はリズムを取り戻そうと深呼吸をする場面も見られた。それでも耐え続け、次第に試合が傾き始める。

ミスが目立ち始めたウィリアムズ選手はいらだちを募らせ、ラケットを地面に投げつけて警告を受けた。その後も冷静さを失い、度重なる警告に泣きながら審判に抗議する場面も。一方、大坂選手は終始落ち着きを保っていた。

マッチポイントを決めたのも、大坂選手の持ち味の力強いサービスエース。優勝を決めると両手で顔を覆い、スタンドにいた母・環さんと抱き合って喜びを爆発させた。

試合後のインタビューでは涙ながらに「みんな彼女(ウィリアムズ)を応援していたのは知っていた。勝ってごめんなさい。セリーナとプレーするのが夢だった」と話した。ウィリアムズ選手は「なおみ、おめでとう」とたたえた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

複合個人ラージヒル 後半距離で力走する渡部暁斗=左(22日、ゼーフェルト)=共同

 【ゼーフェルト(オーストリア)=共同】ノルディックスキーの世界選手権第3日は22日、オーストリアのゼーフェルトなどで複合個人ラージヒルが行われ、前回銀メダルの渡部暁斗(北野建設)は6位で表彰台を逃し …続き (1:29)

ブレークダンスが2024年パリ五輪の追加種目候補となり、記者会見する河合来夢選手(左)と半井重幸選手(22日、東京都江東区)=共同

 2024年パリ五輪の追加種目候補に選ばれ、初の五輪へ前進したブレークダンスの有望選手が22日に記者会見し、若者を対象とした昨年10月のユース五輪で初代女王に輝いた河合来夢選手(神奈川・百合丘高)は「 …続き (22日 23:56)

 卓球の新リーグ「Tリーグ」は22日、沖縄県の宜野湾市立体育館などで2試合が行われ、男子の3位の彩たまが琉球を4―0で下し、10勝10敗とした。女子は首位の神奈川が2位の日本生命に3―2で競り勝ち、1 …続き (22日 22:45)

ハイライト・スポーツ

[PR]