2018年11月17日(土)

その他スポーツ

「勝ってごめんなさい」大坂冷静さ貫く 悲願の全米初制覇

2018/9/9 8:40
保存
共有
印刷
その他

テニスの全米オープン女子シングルス決勝で大坂なおみ選手(20)が元世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズ選手(36)を破って優勝した。憧れの相手との対決となった大坂選手は終始落ち着きを保ち、男女を通じて日本勢初の快挙をつかみ取った。

全米オープンテニスの女子シングルスで初制覇を果たし、トロフィーを掲げる大坂なおみ選手(8日、ニューヨーク)=共同

第1セットを先取したものの、第2セット序盤はウィリアムズ選手のパワーに押され、一進一退の展開に。大坂選手はリズムを取り戻そうと深呼吸をする場面も見られた。それでも耐え続け、次第に試合が傾き始める。

ミスが目立ち始めたウィリアムズ選手はいらだちを募らせ、ラケットを地面に投げつけて警告を受けた。その後も冷静さを失い、度重なる警告に泣きながら審判に抗議する場面も。一方、大坂選手は終始落ち着きを保っていた。

マッチポイントを決めたのも、大坂選手の持ち味の力強いサービスエース。優勝を決めると両手で顔を覆い、スタンドにいた母・環さんと抱き合って喜びを爆発させた。

試合後のインタビューでは涙ながらに「みんな彼女(ウィリアムズ)を応援していたのは知っていた。勝ってごめんなさい。セリーナとプレーするのが夢だった」と話した。ウィリアムズ選手は「なおみ、おめでとう」とたたえた。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 スピードスケートのワールドカップ(W杯)第1戦第2日は17日、北海道帯広市の明治北海道十勝オーバルで行われ、女子500メートルは小平奈緒(相沢病院)が37秒29で優勝した。2季前からこの種目で31レ …続き (18:02)

 【ロンドン=共同】男子テニスの年間成績上位8人によるツアー今季最終戦、日東電工ATPファイナル第6日は16日、ロンドンで行われ、シングルスの1次リーグA組最終戦で同組1位のノバク・ジョコビッチ(セル …続き (11:24)

女子団体追い抜きで滑走する日本チーム(16日、明治北海道十勝オーバル)=時事

 残り1周の鐘が鳴った時、半周離れて同時にスタートしたドイツの背中が眼前に迫ってきた。国際大会では珍しい「追い抜き」に直面しても、一丸となった3人は乱れることなく外側から前へ。
 最短距離を滑れなかった …続き (0:00)

ハイライト・スポーツ

[PR]