2019年8月21日(水)

その他スポーツ

大坂が日本勢初の四大大会制覇 全米テニス

2018/9/9 7:00
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=原真子】テニスの全米オープン第13日は8日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで女子シングルス決勝を行い、第20シードの大坂なおみ(日清食品)は6-2、6-4で第17シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)に勝ち、四大大会で初めて優勝した。

全米オープンテニスの女子シングルスを初制覇し、涙を拭う大坂なおみ。左はセリーナ・ウィリアムズ=8日、ニューヨーク(ゲッティ=共同)

全米オープンテニスの女子シングルスを初制覇し、涙を拭う大坂なおみ。左はセリーナ・ウィリアムズ=8日、ニューヨーク(ゲッティ=共同)

全米オープンテニスの女子シングルスで初制覇を果たし、トロフィーを手に笑顔の大坂なおみ=8日、ニューヨーク(共同)

全米オープンテニスの女子シングルスで初制覇を果たし、トロフィーを手に笑顔の大坂なおみ=8日、ニューヨーク(共同)

日本選手で四大大会優勝は初めて。

憧れのS・ウィリアムズを相手にした初めての四大大会決勝、サービスエースで優勝を決めると、大坂は小さくガッツポーズ、S・ウィリアムズに抱きしめてもらった後、両手で顔を覆った。

序盤はS・ウィリアムズに硬さが見られた。最大の武器であるサーブがなかなか入らず、第1セット第3ゲーム、大坂は先にブレークした。そのまま先取した。

今大会サーブが好調の大坂、サービスゲームは手堅くキープ、ラリーになるとS・ウィリアムズを動かして気分良く打たせない。

2セットに入ると、S・ウィリアムズのイライラが募り、たびたび警告を受ける。2度目の警告で1ポイント失い、ついに3度目の警告をうけ、第8ゲームはプレーせずに大坂の手に。

ブーイングの嵐に異様な雰囲気となったが、大坂は落ち着いてプレーし、初めての栄冠を手にした。

女子シングルス決勝、セリーナ・ウィリアムズと対戦する大坂なおみ(8日、ニューヨーク)=共同

女子シングルス決勝、セリーナ・ウィリアムズと対戦する大坂なおみ(8日、ニューヨーク)=共同

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

女子シングルス2回戦 シンガポール選手にポイントを奪われ肩を落とす山口茜(20日、バーゼル)=共同

 【バーゼル(スイス)=共同】バドミントンの世界選手権第2日は20日、スイスのバーゼルで行われ、男子シングルス2回戦で2連覇を目指す世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本)はルイスエンリケ・ペニャ …続き (1:20)

女子複合で銀メダルを獲得し、東京五輪代表に内定した野口

 頂点にあと一歩届かなかったが、野口は満面の笑顔。銀メダルの達成感、五輪の切符をつかんだ喜び……。全ての思いを包含して「夢みたいで信じられない」と言葉を紡いだ。
【クライミング野口、五輪代表決定】
 スピ …続き (20日 23:30)

男子シングルス2回戦 スペイン選手と対戦する桃田賢斗(20日、バーゼル)=共同

 【バーゼル(スイス)=共同】バドミントンの世界選手権第2日は20日、スイスのバーゼルで行われ、男子シングルス2回戦で2連覇を目指す世界ランキング1位の桃田賢斗(NTT東日本)はルイスエンリケ・ペニャ …続き (20日 21:59)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。