2019年6月27日(木)

その他スポーツ

大坂が日本勢初の四大大会制覇 全米テニス

2018/9/9 7:00
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=原真子】テニスの全米オープン第13日は8日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで女子シングルス決勝を行い、第20シードの大坂なおみ(日清食品)は6-2、6-4で第17シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)に勝ち、四大大会で初めて優勝した。

全米オープンテニスの女子シングルスを初制覇し、涙を拭う大坂なおみ。左はセリーナ・ウィリアムズ=8日、ニューヨーク(ゲッティ=共同)

全米オープンテニスの女子シングルスを初制覇し、涙を拭う大坂なおみ。左はセリーナ・ウィリアムズ=8日、ニューヨーク(ゲッティ=共同)

全米オープンテニスの女子シングルスで初制覇を果たし、トロフィーを手に笑顔の大坂なおみ=8日、ニューヨーク(共同)

全米オープンテニスの女子シングルスで初制覇を果たし、トロフィーを手に笑顔の大坂なおみ=8日、ニューヨーク(共同)

日本選手で四大大会優勝は初めて。

憧れのS・ウィリアムズを相手にした初めての四大大会決勝、サービスエースで優勝を決めると、大坂は小さくガッツポーズ、S・ウィリアムズに抱きしめてもらった後、両手で顔を覆った。

序盤はS・ウィリアムズに硬さが見られた。最大の武器であるサーブがなかなか入らず、第1セット第3ゲーム、大坂は先にブレークした。そのまま先取した。

今大会サーブが好調の大坂、サービスゲームは手堅くキープ、ラリーになるとS・ウィリアムズを動かして気分良く打たせない。

2セットに入ると、S・ウィリアムズのイライラが募り、たびたび警告を受ける。2度目の警告で1ポイント失い、ついに3度目の警告をうけ、第8ゲームはプレーせずに大坂の手に。

ブーイングの嵐に異様な雰囲気となったが、大坂は落ち着いてプレーし、初めての栄冠を手にした。

女子シングルス決勝、セリーナ・ウィリアムズと対戦する大坂なおみ(8日、ニューヨーク)=共同

女子シングルス決勝、セリーナ・ウィリアムズと対戦する大坂なおみ(8日、ニューヨーク)=共同

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 テニスのウィンブルドン選手権の予選は26日、英国のローハンプトンで行われ、男子シングルス2回戦で綿貫陽介(日清食品)は添田豪(GODAI)を7―5、6―4で下して3回戦に進んだ。内山靖崇(北日本物産 …続き (1:29)

 【ローザンヌ(スイス)=共同】国際オリンピック委員会(IOC)は26日、スイスのローザンヌで総会を開き、札幌市が招致を目指す2030年冬季五輪など今後の五輪やユース五輪の開催地選定で、複数の国や地域 …続き (26日 23:39)

 【ロンドン=共同】7月1日に開幕するテニスの四大大会第3戦、ウィンブルドン選手権の主催者は26日、シード選手を発表し、女子シングルスでは24日付世界ランキングで1位から2位に下がった大坂なおみ(日清 …続き (26日 20:04)

ハイライト・スポーツ

[PR]