/

大坂が日本勢初の四大大会制覇 全米テニス

【ニューヨーク=原真子】テニスの全米オープン第13日は8日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで女子シングルス決勝を行い、第20シードの大坂なおみ(日清食品)は6-2、6-4で第17シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)に勝ち、四大大会で初めて優勝した。

日本選手で四大大会優勝は初めて。

憧れのS・ウィリアムズを相手にした初めての四大大会決勝、サービスエースで優勝を決めると、大坂は小さくガッツポーズ、S・ウィリアムズに抱きしめてもらった後、両手で顔を覆った。

序盤はS・ウィリアムズに硬さが見られた。最大の武器であるサーブがなかなか入らず、第1セット第3ゲーム、大坂は先にブレークした。そのまま先取した。

今大会サーブが好調の大坂、サービスゲームは手堅くキープ、ラリーになるとS・ウィリアムズを動かして気分良く打たせない。

2セットに入ると、S・ウィリアムズのイライラが募り、たびたび警告を受ける。2度目の警告で1ポイント失い、ついに3度目の警告をうけ、第8ゲームはプレーせずに大坂の手に。

ブーイングの嵐に異様な雰囲気となったが、大坂は落ち着いてプレーし、初めての栄冠を手にした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン