2019年1月24日(木)

その他スポーツ

大坂が日本勢初の四大大会制覇 全米テニス

2018/9/9 7:00
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=原真子】テニスの全米オープン第13日は8日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで女子シングルス決勝を行い、第20シードの大坂なおみ(日清食品)は6―2、6―4で第17シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)に勝ち、四大大会で初めて優勝した。

全米オープンテニスの女子シングルスを初制覇し、涙を拭う大坂なおみ。左はセリーナ・ウィリアムズ=8日、ニューヨーク(ゲッティ=共同)

全米オープンテニスの女子シングルスを初制覇し、涙を拭う大坂なおみ。左はセリーナ・ウィリアムズ=8日、ニューヨーク(ゲッティ=共同)

全米オープンテニスの女子シングルスで初制覇を果たし、トロフィーを手に笑顔の大坂なおみ=8日、ニューヨーク(共同)

全米オープンテニスの女子シングルスで初制覇を果たし、トロフィーを手に笑顔の大坂なおみ=8日、ニューヨーク(共同)

日本選手で四大大会優勝は初めて。

憧れのS・ウィリアムズを相手にした初めての四大大会決勝、サービスエースで優勝を決めると、大坂は小さくガッツポーズ、S・ウィリアムズに抱きしめてもらった後、両手で顔を覆った。

序盤はS・ウィリアムズに硬さが見られた。最大の武器であるサーブがなかなか入らず、第1セット第3ゲーム、大坂は先にブレークした。そのまま先取した。

今大会サーブが好調の大坂、サービスゲームは手堅くキープ、ラリーになるとS・ウィリアムズを動かして気分良く打たせない。

2セットに入ると、S・ウィリアムズのイライラが募り、たびたび警告を受ける。2度目の警告で1ポイント失い、ついに3度目の警告をうけ、第8ゲームはプレーせずに大坂の手に。

ブーイングの嵐に異様な雰囲気となったが、大坂は落ち着いてプレーし、初めての栄冠を手にした。

女子シングルス決勝、セリーナ・ウィリアムズと対戦する大坂なおみ(8日、ニューヨーク)=共同

女子シングルス決勝、セリーナ・ウィリアムズと対戦する大坂なおみ(8日、ニューヨーク)=共同

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

 バスケットボール男子のBリーグ1部(B1)は23日、千葉ポートアリーナなどで9試合が行われ、東地区首位の千葉は同3位のA東京を81―79で下し、10連勝で28勝5敗とした。
 中地区トップの新潟は同3 …続き (23日 22:37)

大迫傑(左)、中村匠吾=共同

 東京マラソン(3月3日)の出場選手が23日に発表され、男子の日本勢は昨年10月のシカゴで2時間5分50秒の日本記録を樹立した大迫傑(ナイキ)や、ベルリン4位の中村匠吾(富士通)が招待された。
 佐藤悠 …続き (23日 19:31)

ウサイン・ボルト氏=共同

 陸上男子100メートル、200メートルの世界記録保持者で2017年に陸上競技から引退した元スーパースターのウサイン・ボルト氏が、長年の夢だったプロサッカー選手への転向を事実上断念したことを明らかにし …続き (23日 16:57)

ハイライト・スポーツ

[PR]