2019年4月24日(水)

その他スポーツ

大坂が日本勢初の四大大会制覇 全米テニス

2018/9/9 7:00
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=原真子】テニスの全米オープン第13日は8日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで女子シングルス決勝を行い、第20シードの大坂なおみ(日清食品)は6-2、6-4で第17シードのセリーナ・ウィリアムズ(米国)に勝ち、四大大会で初めて優勝した。

全米オープンテニスの女子シングルスを初制覇し、涙を拭う大坂なおみ。左はセリーナ・ウィリアムズ=8日、ニューヨーク(ゲッティ=共同)

全米オープンテニスの女子シングルスを初制覇し、涙を拭う大坂なおみ。左はセリーナ・ウィリアムズ=8日、ニューヨーク(ゲッティ=共同)

全米オープンテニスの女子シングルスで初制覇を果たし、トロフィーを手に笑顔の大坂なおみ=8日、ニューヨーク(共同)

全米オープンテニスの女子シングルスで初制覇を果たし、トロフィーを手に笑顔の大坂なおみ=8日、ニューヨーク(共同)

日本選手で四大大会優勝は初めて。

憧れのS・ウィリアムズを相手にした初めての四大大会決勝、サービスエースで優勝を決めると、大坂は小さくガッツポーズ、S・ウィリアムズに抱きしめてもらった後、両手で顔を覆った。

序盤はS・ウィリアムズに硬さが見られた。最大の武器であるサーブがなかなか入らず、第1セット第3ゲーム、大坂は先にブレークした。そのまま先取した。

今大会サーブが好調の大坂、サービスゲームは手堅くキープ、ラリーになるとS・ウィリアムズを動かして気分良く打たせない。

2セットに入ると、S・ウィリアムズのイライラが募り、たびたび警告を受ける。2度目の警告で1ポイント失い、ついに3度目の警告をうけ、第8ゲームはプレーせずに大坂の手に。

ブーイングの嵐に異様な雰囲気となったが、大坂は落ち着いてプレーし、初めての栄冠を手にした。

女子シングルス決勝、セリーナ・ウィリアムズと対戦する大坂なおみ(8日、ニューヨーク)=共同

女子シングルス決勝、セリーナ・ウィリアムズと対戦する大坂なおみ(8日、ニューヨーク)=共同

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

シドニー五輪女子マラソンで高橋尚子が優勝し、高橋選手(左)の腕を掲げる小出義雄監督(2000年9月24日)=鈴木健撮影

 「高橋、金メダル」。この実況とともに高橋尚子さんがゴールした2000年9月24日、シドニー五輪の女子マラソン。その瞬間、「やったあ」と叫んだ小出さんは満員の五輪スタジアム場内の通路を全力で駆けだした …続き (16:51)

サンダー戦で決勝シュートを放つトレイルブレーザーズのリラード=奥(23日、ポートランド)=ゲッティ共同

 【ニューヨーク=共同】米プロバスケットボールNBAのプレーオフ1回戦(7回戦制)第5戦は23日、各地で行われ、西カンファレンスはトレイルブレーザーズがサンダーを118―115で退け、4勝1敗でカンフ …続き (15:58)

女子シングルス2回戦で勝利した石川佳純(23日、ブダペスト)=共同

 【ブダペスト=共同】卓球の世界選手権第3日は23日、ブダペストで行われ、シングルス2回戦で女子の日本勢は、石川佳純(全農)伊藤美誠(スターツ)平野美宇(日本生命)佐藤瞳(ミキハウス)加藤美優(日本ペ …続き (8:40)

ハイライト・スポーツ

[PR]