/

公明代表、拙速な改憲発議をけん制

【天津=根本涼】公明党の山口那津男代表は8日、訪問先の中国・天津市で同行記者団と懇談し、拙速な憲法改正の発議をけん制した。優先的な政治課題を聞く世論調査で景気回復などが上位だとして「憲法改正がどういう優先度かは冷静に見るべきだ」と語った。

安倍晋三首相(自民党総裁)は秋に予定する臨時国会に自民党の改憲案を提出する意向を表明し、自民党総裁選で早期の発議を訴えている。

山口氏は参院選や天皇陛下の退位などを念頭に「来年は様々な大きな政治スケジュールがある」と指摘。「憲法改正の議論がどう位置づけられ、見通しが立つのかは自民党自身がまず考慮すべきことだ。野党や国民の受け止めも十分に勘案しながら考えていく必要がある」と述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン