2018年11月21日(水)

関空国際線、再開も減便 インバウンド消費に影

サービス・食品
関西
2018/9/8 17:24
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

台風21号の被害を受けた関西国際空港は8日、国内線に続いて国際線の運航を再開した。運営会社の関西エアポートは早期の完全復旧を目指し、発着便の大阪国際(伊丹)空港などへの臨時移管計画も浮上しているが、当面は大幅な減便を迫られる。訪日外国人客の3割弱が関空から入国する。関空の機能低下が長引けば、日本のインバウンド消費を失速させかねない。

全日本空輸と格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションが上…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報