2018年9月19日(水)

台風21号で災害対策本部設けず 判断は適切だったか
大阪府・市 風水害、明確な設置基準なく

台風21号
社会
2018/9/8 11:57
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 台風21号が直撃した大阪府では、府と大阪市のいずれも、知事と市長が陣頭指揮をとって総動員で対応する「災害対策本部」を設けなかった。地震の場合は震度に応じた設置基準があるが、風水害は明確な取り決めがなく、危機管理の担当職員らで対処可能と判断した。結果として被害が広範囲に及んだこともあり、専門家は「判断が適切だったのか検証すべきだ」と指摘している。(堀越正喜、奥山美希)

 「停電などで予断は許さないが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報