/

この記事は会員限定です

スルガ銀不正は「組織的」 第三者委が認定

損失拡大の恐れ

[有料会員限定]

スルガ銀行の不適切融資を調べてきた第三者委員会は7日、調査報告書を発表した。多くの行員が誘導・黙認した不適切な投資用不動産融資は「全般にまん延していた」「組織的だった」と指摘した。見過ごしてきた経営陣には、経営を委任された取締役の責任を果たさなかったとして「善管注意義務違反」を認定した。企業統治が機能しないまま利益至上主義で行員らを暴走させた経営実態が浮き彫りになった。

有国三知男新社長は7日の記者会見で「...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1402文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン