/

自宅で発電機、男性2人がCO中毒死 停電影響か

北海道警は7日、閉め切った自宅の室内で、ガソリン式の小型発電機を使っていた道内の男性2人が、一酸化炭素(CO)中毒で死亡したと発表した。地震による停電で発電機を使った可能性があり、道警は十分な換気を呼び掛けている。

道警によると、男性2人は標津町の40代の会社員と、上富良野町の70代の自営業。いずれも一人暮らしで、発電機を玄関付近で使っており、7日朝に室内で倒れているのを親族や同僚が見つけた。両町では地震による停電が続いていた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン