2019年1月16日(水)

関空連絡橋、撤去作業に着手 NEXCO西日本
鉄道復旧へ2週間で完了予定

2018/9/7 23:13
保存
共有
印刷
その他

西日本高速道路(NEXCO西日本)は7日、タンカー衝突で大きな被害を受けた関空連絡橋の橋桁を撤去する作業に同日着手したと発表した。おおむね2週間以内に撤去作業を完了する。同連絡橋は高速道路と鉄道の併用橋。撤去する橋桁は高速道路用だが、これを撤去しないと鉄道橋の復旧作業に支障が生じるため、作業を急ぐ。

タンカー衝突で損壊した関空連絡橋

7日は損壊した橋桁をつり下げるクレーン船や、橋桁を積んで運搬する台船を現場に近づけるため移動を開始したほか、台船が座礁しないように海域の水深を測量した。

連絡橋から切り離した後に撤去する橋桁は長さ90メートルと98メートルの2つに分かれ、全長188メートル。タンカーの衝突で鉄道の線路側にはみ出している。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報