2018年11月19日(月)

中国、輸出企業への税還付拡大 金属・半導体など397品目

米中衝突
貿易摩擦
中国・台湾
2018/9/7 22:22
保存
共有
印刷
その他

【北京=原田逸策】中国財政省は7日、輸出企業への税金の還付を拡大すると発表した。金属や半導体関連など397品目を対象に還付額を上げる。米国との貿易戦争で輸出企業が打撃を受けており、経営を下支えする狙いがある。

15日から実施する。企業が輸出する商品を製造する際などに負担した付加価値税や物品税を払い戻す。中国では品目ごとに輸出価格に対してどれだけの税を払い戻すかが決まっており、この比率を上げる。

ねじ、金庫などは5%を9%に上げる。いずれも米国が7月に公表した、追加関税25%をかける2千億ドル(約22兆円)分の品目リストに含まれる。集積回路や燃料電池は15%を16%に、発光ダイオード(LED)電灯は13%を16%にそれぞれ上げる。これらは追加関税の候補に入っていない。

米国は7月以降、計500億ドル分の中国製品に25%の関税を上乗せした。輸出企業が集中する中国南部の広東省では、製造業の景況感が大幅に悪化するなど影響が出始めている。中国商務省は中国が米国製品にかけた追加関税の税収をもとに、輸出企業を支援する方針を示していた。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報