2018年11月15日(木)

東京国際クルーズターミナル、20年7月14日開業

東京
2018/9/7 22:00
保存
共有
印刷
その他

東京都は7日、臨海副都心で建設中の新客船埠頭「東京国際クルーズターミナル」の開業日を2020年7月14日にすると発表した。同ターミナルは岸壁の延長が430メートル、水深は11.5メートルで、世界最大級の大型客船も入港できる。4階建てのターミナルビルも建設する。東京五輪が開幕する7月24日の直前に開業し、大会機運の盛り上げに弾みをつける。

大型客船「スペクトラム・オブ・ザ・シーズ」が第1船として入港する(イメージ)

新埠頭はレインボーブリッジより沖にあり、世界最大級の客船も停泊できる(イメージ)

開業日には第1船として米ロイヤル・カリビアン・インターナショナルの大型客船「スペクトラム・オブ・ザ・シーズ」が入港する。総トン数は約17万トンで、全長347メートル。乗客定員は4200人超とアジアを巡る客船で最大級という。

小池百合子知事は7日の記者会見で「新しいターミナルへのクルーズ客船の誘致に取り組み、より多くの外国人観光客をお迎えすることで、国際観光都市・東京を盛り上げたい」と強調した。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報