2018年9月23日(日)

名古屋市、中心部850ヘクタールで容積率緩和 MICE誘致

住建・不動産
中部
2018/9/7 20:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 国際会議や展示会といった「MICE」を開催できるホールやホテルなど、誘客力のある施設の容積率を割り増しする名古屋市の施策について、対象区域が7日、明らかになった。名古屋駅の東口・西口や伏見、栄など850ヘクタールを対象にする。2027年のリニア中央新幹線開業に向けて中心市街地での再開発を後押しし、都市の魅力を高める。

 市はこのほど「特定用途誘導地区」をまとめた。対象区域はおおむねJR中央本線と外…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報