2018年11月13日(火)

関空欠航、大阪から訪日客消える 売り上げ半減店舗も

台風21号
小売り・外食
関西
2018/9/8 7:17
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

関西国際空港の国際線の欠航が続き、大阪市からインバウンド(訪日外国人)が減ってきた。7日に小売りや外食など30社・店に聞いたところ、8割が台風21号の通過前よりも売上高が落ちこんだと答えた。同市の台所、黒門市場などでは半減の店舗も出ている。訪日客が入国できないためで、国際線が全面復旧するまで苦戦は続きそうだ。

普段はスーツケースを引きながら食べ歩きをする訪日客でごった返す黒門市場。しかし、7日は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報