2018年11月21日(水)

シリア北西部で緊張高まる ロシア軍の攻撃準備で 80万人の難民発生も

中東・アフリカ
2018/9/7 18:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【カイロ=飛田雅則、イスタンブール=佐野彰洋】内戦が続くシリアで、アサド政権と戦う反体制派の最後の主要拠点である北西部イドリブ県を巡り緊張が高まっている。同県の制圧を目指す政権軍や後ろ盾であるロシア軍、イランからの民兵による総攻撃の準備が進んでいるためだ。大規模な攻撃が始まればロシアやイランとの対立を深める米国が反発し、米ロ対立も先鋭化するのは必至だ。

シリア人権監視団(英国)によると6日、イド…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報