2018年9月26日(水)

九電、出力制御の見通し公表

環境エネ・素材
九州・沖縄
2018/9/7 18:11
保存
共有
印刷
その他

 九州電力は7日、太陽光・風力の発電事業者に稼働停止を求める「出力制御」の実施見通しについてホームページ(HP)で公表を始めた。九州では太陽光発電の急増や原子力発電所の再稼働などで、冷房需要の落ち込む今秋にも電力の需給バランスが崩れる恐れが高まる。大規模な停電を避けるのが狙いだ。

 HPでは毎日夕、3日先の分まで出力制御の可能性があるかないかを公表する。メール配信サービスもあわせて始めた。出力制御の対象となる太陽光発電の契約件数は約2万4000件、総出力は430万キロワット程度に上る。今回は住宅の太陽光発電といった出力10キロワット未満のものなどは除外される。

 また九電は6日、全ての対象事業者に対してダイレクトメールを送付しており、出力制御への理解と対応を呼びかけている。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報