2018年9月24日(月)

NECなど5G実験、水泳観戦の没入度向上

ネット・IT
エレクトロニクス
2018/9/7 16:57
保存
共有
印刷
その他

 NECNTTドコモ、テレビ朝日は7日、水泳観戦の高度化で次世代通信規格「第5世代(5G)」の実証実験をすると発表した。遅延の少ない次世代通信とスマートグラスを組み合わせ、観戦者が会場で選手から目を離さずに様々な情報を得られるようにする。5Gの活用方法で知見を積み上げ、商機を探る。

 7~9日に横浜市で開催する「日本学生選手権水泳競技大会」で実験する。NECなどは会場に通信網を構築し、観戦者にスマートグラスを貸し出す。5Gで観戦者のスマートグラスに選手の名前や順位、タイムなどの情報を配信してリアルタイムで映し出す。

 従来は会場で観戦する場合、観戦者は競技中に視線を選手と電光掲示板に行き来させる必要があった。選手から目を離さずにタイムなどを知ることで、より没入して競技を楽しめるようになるかもしれない。

 世界で2020年ごろから商用化が始まる5Gは、実効速度が現行の「4G」の100倍になるほか、通信の遅れも現行の10分の1程度に抑えられるとされる。関連各社は機器やシステムの開発に加えて、市場を創出するため利用方法の考案に積極的に乗り出している。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報