スポーツ > 競馬 > 栗東通信 > 記事

栗東通信

フォローする

秋最初のG1へ復帰戦 短距離路線 実力馬が順調

2018/9/8 6:30
保存
共有
印刷
その他

夏競馬が終わり、秋のG1戦線が近づいてきた。秋最初のG1、スプリンターズステークス(30日、中山芝1200メートル)に向け、休養していた関西の短距離馬が続々と戦線に復帰し始めている。9日のセントウルステークス(G2、阪神芝1200メートル)には3月末の高松宮記念(G1)を勝ったファインニードル(牡5、栗東・高橋義忠厩舎)が出走を予定。高松宮記念で2着だったレッツゴードンキ(牝6、栗東・梅田智之厩舎)は8月末にターフに戻った。

ファインニードルは4月末に香港に遠征して、現地のG1で4着に入って以来、約4カ月半ぶりのレースとなる。

ファインニードルは実力が急上昇した(3月の高松宮記念)=共同

ファインニードルは実力が急上昇した(3月の高松宮記念)=共同

遠征の直前に勝った高松宮記念は初のG1タイトルだった。中位馬群の外側から追い上げ、先に抜け出したレッツゴードンキを鼻差でかわして優勝した。

昨夏以降、馬体がパワーアップし、一気に実力を付けた。「成長力がすごい」と高橋調教師も目を見張るほどで、重賞でも好走できるようになった。昨年のセントウルSで重賞初制覇を果たすと、18年シーズンは初戦から2連勝でG1を奪取した。

この秋の復帰戦となるセントウルSに向け、臨戦態勢も整った。8月29日には栗東トレーニング・センターの坂路での調教で800メートル51秒7の速いタイムを計時した。復帰戦で好結果を出し、スプリントG1春秋連覇につなげたいところだ。

レッツゴードンキは8月26日のキーンランドカップ(G3、札幌芝1200メートル)で復帰し、5着に入った。道中は中位を追走し、第4コーナーで馬群の外側に進路を取ると、じわりと末脚を伸ばした。休養明けとしては悪くない内容だった。

昨年は、春のレースの消耗から回復するのに手間取り、春以来の休養明けでいきなりスプリンターズSに出走。それでも2着に入り、力を示した。今年は調整も順調で「(昨年とは)全然、雰囲気が違う」(梅田調教師)。G1の前に一度レースに出走できたのは好材料。昨年以上の結果も期待できそうだ。

一方、夏場も休養せずにレースに出て、力を付けた馬もいる。アレスバローズ(牡6、栗東・角田晃一厩舎)は7月のCBC賞(中京)、8月の北九州記念(小倉)と芝1200メートルのG3を連勝した。いずれも中位から追い上げてきた。「おとなしくなって、どっしりとしてきた」と角田調教師が語るように、精神面が成長し、自身の能力を十分に発揮できるようになった。秋最初のG1から関西の実力馬たちがレースを盛り上げてくれそうだ。

(関根慶太郎)

栗東通信をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

競馬のコラム

電子版トップスポーツトップ

栗東通信 一覧

フォローする
キセキ(左から2頭目)はフォワ賞で完敗だった=共同共同

 日本でも注目度の高い欧州最高峰のレースのひとつ、凱旋門賞(G1、仏・パリロンシャン競馬場、芝2400メートル)が10月6日に行われる。このレースに参戦予定の関西馬、キセキ(牡5、栗東・角居勝彦厩舎) …続き (9/29)

マスターフェンサーは米クラシックで健闘した=APAP

 2019年の中央競馬も23日の宝塚記念(G1)が終わり、折り返し地点を迎えた。上半期の印象的な出来事のひとつは、関西馬の意欲的な海外遠征だろう。3歳馬のマスターフェンサー(牡、栗東・角田晃一厩舎)は …続き (6/30)

武豊(右)はフェブラリーSで早くもG1を勝った(17日、東京競馬場)=共同共同

 武豊(49、栗東・フリー)が年明けから好調だ。24日現在で26勝を挙げ、最多勝ランキングで2位につける。17日のフェブラリーステークス(東京、ダート1600メートル)では早くも今年のG1初勝利を飾っ …続き (3/2)

ハイライト・スポーツ

[PR]