2019年1月16日(水)

高校野球

金足農が呼び起こす台湾「KANO」の伝説

2018/9/8 5:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【嘉義(台湾南西部)=伊原健作】第100回全国高校野球選手権大会で準優勝を果たし、日本中を沸かせた秋田県代表・金足農業。その活躍が台湾で「偉業の再演」として注目されている。台湾が日本統治下にあった87年前、夏の甲子園に台湾から出場した嘉義農林がまさかの快進撃を見せ、準優勝した記憶と重なるからだ。自らの歴史を探り、アイデンティティーを紡ごうとする台湾社会の動きを映している。

「金足農は映画『KAN…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップスポーツトップ

高校野球 一覧

 高校野球の甲子園大会で春夏合わせて7度頂点に立った輝かしい歴史を誇り、現在は休部中のPL学園高(大阪)野球部OB会総会が12日に大阪市内で開かれ、プロ野球巨人で活躍した桑田真澄氏(50)の会長就任が …続き (12日 20:19)

 来夏に兵庫県西宮市の甲子園球場で開催される第101回全国高校野球選手権大会で、日本高野連が休養日を現行の1日から2日に増やすことを検討していることが26日、分かった。日本高野連の竹中雅彦事務局長は「 …続き (26日 11:58)

 新潟県高野連が来年の春季新潟大会で投手の球数制限を導入することが22日、分かった。故障予防や選手の出場機会増などが目的で、投球数が100球に達した投手はそれ以降の回では投球できない。各都道府県高野連 …続き (22日 19:25)

ハイライト・スポーツ

[PR]