高校野球

金足農が呼び起こす台湾「KANO」の伝説

2018/9/8 5:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【嘉義(台湾南西部)=伊原健作】第100回全国高校野球選手権大会で準優勝を果たし、日本中を沸かせた秋田県代表・金足農業。その活躍が台湾で「偉業の再演」として注目されている。台湾が日本統治下にあった87年前、夏の甲子園に台湾から出場した嘉義農林がまさかの快進撃を見せ、準優勝した記憶と重なるからだ。自らの歴史を探り、アイデンティティーを紡ごうとする台湾社会の動きを映している。

「金足農は映画『KAN…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

高校野球 一覧

今夏の岩手大会で注目された大船渡の佐々木朗希投手=共同

 プロ野球のドラフト会議が17日、東京都内で開かれる。目玉は最速163キロで「令和の怪物」とも言われる佐々木朗希(岩手・大船渡高)と、今夏の甲子園で準優勝した奥川恭伸(石川・星稜高)の2人の高校生投手 …続き (16日 20:54)

 日本高野連と全日本大学野球連盟は3日、プロ入り希望の選手に義務づけた「プロ野球志望届」の提出を締め切り、午後5時時点で246人(高校139人、大学107人)が届け出た。17日に行われるドラフト会議で …続き (3日 19:17)

プロ野球志望表明の記者会見で笑顔を見せる大船渡高の佐々木朗希投手(2日午後、岩手県大船渡市)=共同

 高校野球で球速163キロをマークし「令和の怪物」と称される岩手・大船渡高の佐々木朗希投手(17)が2日、同県大船渡市内で記者会見に臨み、プロ野球志望を表明した。「レベルの高いところでプレーしたいと思 …続き (2日 20:06)

ハイライト・スポーツ

[PR]