2018年11月18日(日)

猛暑消費、7月はプラス ボーナス増も下支え

経済
2018/9/7 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

総務省が7日発表した7月の家計調査は、実質消費支出が半年ぶりのプラスとなった。夏のボーナス増が下支えし、記録的な猛暑によるプラス効果も一定程度出た。一方で、消費者心理が晴れ渡ったとは言えず、先行きには懸念も残る。

2人以上世帯の消費支出は、物価変動の影響を除いた実質で前年同月比0.1%増(変動調整値)。事前予想(0.9%減、QUICK集計)に反しプラスだった。国内総生産(GDP)における個人消費…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報