2018年9月23日(日)

リクルート、退職者をAIで予測 「人財テック」広がる

ネット・IT
2018/9/7 11:41
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 社員の心理状態をIT(情報技術)で把握し、働きやすい職場作りを進めようという動きが企業の間で広がっている。リクルートホールディングス(HD)は人工知能(AI)を使って退職の恐れがある人を察知、管理職が相談に乗る取り組みを始めた。電通は毎朝、パソコンを通じて社員に質問して心身の状況をつかむ。データに基づき対策を早く打てるようにし、人材を定着させる狙いがある。

■新入社員の配属にも活用

 「半年以内に退…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報