/

この記事は会員限定です

街路樹を倒した「2つの風」 大阪市で710本被害

[有料会員限定]

列島に記録的な強風をもたらした台風21号の影響で、大阪市内では街路樹の倒木や枝折れが相次いだ。市によると、被害が確認されたのは約710本。特にメインストリートの御堂筋などで木が根こそぎ倒れる被害が目立った。専門家は「ビル街に発生しやすい2つの風が合わさり、被害を拡大させた」と分析する。

「40年働いていて、これほどひどい光景はない」。大阪市中央区で乾物店を営む八木康夫さん(65)は驚く。台風が近...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り520文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

2018年9月4日、25年ぶりに非常に強い勢力で上陸した台風21号。関西で死者14人の人的被害をもたらしただけでなく、暴風で流されたタンカーが関西国際空港の連絡橋に衝突し、人と物の流れがストップするなど、経済にも大きな爪痕を残した。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン