2018年11月18日(日)

スタバ、コーヒーの本場イタリアに挑む 初出店

小売り・外食
ヨーロッパ
2018/9/7 11:16
保存
共有
印刷
その他

【ジュネーブ=細川倫太郎】米コーヒーチェーン大手のスターバックスがイタリアに進出する。7日、ミラノに1号店をオープンする。焙煎(ばいせん)設備を併設した高級店舗で、顧客の前で1杯1杯丁寧に作る。エスプレッソの本場に挑戦する意味は大きく、コーヒー文化が根づくイタリアでファンを獲得できるか注目が集まる。

■世界2万8000店、でもイタリアは初

イタリアはカフェが至る所にあり、年60億杯のコーヒーが消費されている。スタバは77カ国・地域で2万8000店以上を展開し、各地で平均4時間に1店舗のペースで出店している。だが、エスプレッソの本場であるイタリアは競争が必至で、進出には慎重だった。

新店舗では店員が一杯一杯丁寧に作る(ミラン)=ロイター

新店舗では店員が一杯一杯丁寧に作る(ミラン)=ロイター

ミラノで開業するのは高級店「リザーブ・ロースタリー」。同業態はシアトル、上海に続く3店舗目となる。店舗面積は2300平方メートルと広く、約300人を雇用する。

郵便局だった歴史的建造物を改装し、中央には焙煎設備を併設。食前酒を好むイタリア人の習慣に合わせ、軽食やカクテルなどアルコール類も提供する。イタリア人の職人が手掛けた内装はモダンでデザイン性が高く、通常のスタバの店舗とは全く違った雰囲気だ。

イタリアではエスプレッソの1杯の値段はおおよそ1ユーロ(約130円)だが、新店舗では1.8ユーロに設定した。年末までにミラノでさらに複数店舗の開業を予定する。

イタリアはスタバにとって「原点」とも言える国だ。1982年に入社したハワード・シュルツ名誉会長が83年、初めてミラノを訪れた時、立ち寄ったエスプレッソバーで見たバリスタの接客に感銘を受けた。帰国後、イタリア式カフェの出店を創業者に提案したが、受け入れられず、シュルツ氏は独立した。自身でカフェを開業すると、店は大繁盛した。

■「米国とはコーヒー文化が違う」

その後、スタバが身売りを考えているという話が伝わり、古巣を買収。自ら立ち上げたイタリア式カフェをスタバの名で一気に拡大し、世界的企業に育てあげた。

ただ、スタバがイタリアの消費者を魅了できるかは不透明で、「米国のコーヒー文化とは違う」との声も多い。ケビン・ジョンソン最高経営責任者(CEO)は「この一歩を大いなる敬意と謙虚さをもって進める。我々がイタリアのコーヒー文化に適応する」と話す。マクドナルドがコーヒーに力を入れるなどコーヒー市場の競争が激しくなる中、イタリアでの挑戦は今後のスタバの成長を占う試金石にもなる。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報